HOME>トピックス>結婚や子育てで辞めても復職が可能な仕事とは

仕事内容とは

子供が少数なのに、保育の環境はなかなか大変です。何故なら、小さい子を預けて仕事をする世帯が増えているからです。幼い子供ほど、目を離すことはできません。なので、それだけ人員が必要です。その結果、保育の場に保育士が足りないという現状が発生します。人手が足りないということはより、仕事内容が過酷になるということで保育士が転職を考えるのかもしれません。働きやすい環境を求めるならまず、自身の置かれている状況を確認しましょう。

働く職場選び

保育士として働く場合、気をつけることがあります。何故なら、保育園も認可保育園と認可外保育園があるからです。当然、認可保育園の方が 給与体系、通勤アクセス、休日や勤務時間、福利厚生などが充実しています。だけど、 認可保育園の場合は規制が多いという面で働きつらいこともあります。転職する場合は職場の環境を確認しておくことです。

働くならどちらを選ぶ

認可外保育園の場合は安定にかけるものの、規制にとらわれない自由な保育が実現します。保育士も園の方針に従って動きます。転職する場合、園なりの特色や子供への対処法などを確認することです。不規則なシフト勤務や休日出勤などの有無も理解しておくことでトラブル回避することができます。

おすすめの職場とは

認可保育園と認可外保育園、どちらを選ぶかは個人の自由です。保育士として転職する場合、悩む可能性もあります。一番大切なのは子供との触れ合いに時間を回せ、保育士としての本来の仕事に専念できるかを理解しておくべきです。